top of page
検索
  • 松原ナースケア

運動が脳の老化を止める!?



先日3年ぶりに開催された湘南国際マラソンにPRCメンバーと一緒に参加してきました。やっぱりみんなで参加するマラソン大会は楽しかったです。

私達松原ナースケア・ステーションが属する医療法人社団プラタナスには「プラタンスランニングクラブ(PRC)」というランニングチームがあります。運営チームからイーク、アーバンクリニック等と普段仕事をしている中では直接顔を合わせることのないメンバーとも交流のできる楽しいクラブです。コロナ前は練習会をしたり、一緒にマラソン大会にでたり、集まって話をしながら走って打ち上げをして交流を深めていました。コロナ渦でマラソン大会も数年間中止が続いていましたが、今年は制限を設けながらもだんだんと再開されています。

PRCメンバーは20代から60代と多様で殆どはランニングの経験はなく、学生卒業以来何十年ぶりに走るという人も多いです。2〜3kmをゆっくり走ることから初め、一緒に練習する中で徐々に走れる距離が伸び、少しずつ早く走れるようになってきます。大人になってから(いわゆる中年になってから)でも成長を感じられる貴重な機会です。


駅の本屋さんでランキングTOPが「運動脳」になっていました。有酸素運動で脳細胞が増え海馬が大きくなる、運動をすることが脳の働きを強化し老化を食い止め、心身の健康につながることが科学的に証明されているという内容でした。これはもうランニングを続けるしかないですね!


ランニングではなくても心拍数の上がる程度のウォーキングも効果があるようです。ぜひみなさんも有酸素運動で脳機能UP!老化予防!いかがでしょうか。

bottom of page